【超初心者】サイトマップエラー『noindexタグによって除外されました』の解決法!

ワードプレス

 

ブログ記事を書いてサーチコンソールでURL検査をすると『URLはGoogleに登録できません』と表示される場合があります。

 

原因としては様々な場合が考えられますが、多くの場合が『noindexタグによって除外されました』と出る時は多いようです。

 

このような状態が表示された時の対処法を初心者向けに解説していきます!

 

【超初心者用】ブログ記事をインデックス登録できない時の対処法!

 

ある日、サーチコンソールからメールが届き『あなたのサイトにnoidexが見つかりました』との連絡が届いたことがあります。

 

『noindex』は自分が設定しない限りは、まず勝手にチェックが付くことはないので不思議に思ったのですが、ブログのURLをチェックするとこのような表示が・・・

 

 

この画面ってかなり恐怖画像なんですよね・・・。

 

何年経ってもこの画像だけは見慣れることがありません・・・

 

なぜなのか理由が分かりませんが自分の記事がGoogleにインデックスされていない(されないようになっている)と知らせてくれているのですが、何回見ても嫌な画面です(笑)

 

この状態を修正するには【インデックス登録を許可?】『”robots”メタタグで”noindex”が検出されました』を修正する必要があります。

 

noidexの原因はプラグイン?

 

私の場合はワードプレスのテーマは『Cocoon』で『Google XML Sitemaps』を有効化していますがこのプラグインに原因があったようです。

 

修正した方法は『ダッシュボード』から『設定』『XML sitemaps』に進み・・・・

 

『HTML形式でのサイトマップを含める』のチェックを外して『設定を更新』しました。

 

そして翌日に再びサーチコンソールから『URL』をチェックすると見事に改善されていました!

 

プラグイン『XML Sitemaps』に原因があったなんて思わなかったですね・・・・

 

多くのブロガーがインストールしているプラグインなので、もし私と同じような問題で困っていたら1度試してみてくださいね!

 

『FTP』で修正する方法!

 

もし『XML Sitemaps』を修正しても直らない場合は『FTP』というツールを使って直接サイトマップ内のnoindexを外してあげましょう。

 

『FTP』の詳しい説明については別の記事がありますのでそちらを参考にしてください。

 

もし『Xサーバー』を利用している人は『ログイン』して『ファイル管理』をクリックしてファイル内を変更しましょう。

 

ブログ初心者の方はサーバーのファイル管理はあまりしたことがない人が多いと思うので1つずつ解説していきますね。

 

1・ファイルマネージャーの画面で該当のドメインを選択してください。

 

2・この画面になったら『public_html』をクリック。

3・『Wp-content』をクリック。

 

 

4・『plugins』をクリック。

5・『google sitemap generator』をクリック。

 

 

6・『sitemap.xsl』をクリックして上部にある『編集』をクリック。

 

 

この『sitemap.xsl』ファイルのHTMLから下記の文面を削除して保存しましょう。

 

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” />

 

 

これで変更すればOKです。noindexはHTMLから削除したので修正されると思います。

 

この作業はワードプレス初心者には少々ハードルが高いかもしれませんが、今後はこのように自分で書き換えたり削除したりすることも出てくるのでこの機会に慣れておくもの良いでしょう。

 

ただし、もし自信がないという人は行わないようにしてください。間違ったところを削除してしまうと元に戻せなくなる可能性があります。行う際には自己責任でお願いいたします。

 

まとめ

 

今回はブログ記事がインデックス登録できない(noindexタグによって除外)場合の対処法について初心者向けに解説しました。

 

・プラグイン『XML Sitemaps』のチェックを外してあげる
・FTPで直接サイトマップファイルから削除する

 

このどちらかの方法で対処できると思うので1度試してみてくださいね。

 

他にも、自分のサイトが何も表示されなくなったり画面が真っ白になってしまった時の対処法については、この記事を参考にしてくださいね。

 

この記事がどなたかの手助けになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました